膝の痛み 治し方

不安定な膝をベルトで安定化

スポンサードリンク

カテゴリー

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


変形性膝関節症の治療と対策

 ・運動療法

   ・ストレッチで、膝関節の可動域を広げる
       →宮田式ひざ痛解消マニュアル
       →中川式ストレッチ
  
   ・筋トレで、膝と股関節を支える筋肉を鍛えて治す
      ・大腿四頭筋
         膝関節を支えている。
         歩くときなどの膝関節の横ぶれを防ぎ、膝の内側への負担を軽減。
                 脚(大腿骨)の屈曲(前に上げる)
         スクワット
      ・内転筋
         脚が外側に広がらないように股関節を支え、膝への負担を軽減。
         脚の内転(内側へ閉じる)
         サイドランジ、スライドレッグカール、ヒップアダクション
      ・中殿筋
         脚が外側に広がらないように股関節を支え、膝への負担を軽減。
         脚の外転(外側に開く)、内旋(内側へ回す)
         ヒップアブダクション、ヒップリスト、ヒップサイドベンド
    ・体操
      ・軟骨力アップ体操

  ・薬物療法

      ・非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDsエヌセイズ)
        ・外用薬
          塗り薬
          貼り薬

        ・内服薬
        ・坐薬

      ・・解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン)
         脳に作用して痛みに対する感受性を鈍くする。
         消炎鎮痛薬に比べて副作用が少ない。

      ・ヒアルロン酸の関節内注射

         ヒアルロン酸は、関節の内部を満たしている関節液の成分の一つ。
         注射薬として、膝関節に注射針を刺して関節の内部に直接注入する。

         ヒアルロン酸の働きは、
          ・軟骨を保護する
          ・関節の動きを改善する
          ・炎症を抑える

                            副作用は比較的少ない。

 

      ・オピオイド

         神経過敏による痛みを抑える。
         脳や脊髄に作用して痛みの伝達を抑える。

         脳や脊髄にある、インスリンを調整する部分に作用して、強い鎮痛効果を発揮する。
         モルヒネやリン酸コデインなどがある。

       

      ・サプリメント
        ・ヒアルロン酸
    

  ・手術療法

      ・関節内郭清術
      ・骨切り術
      ・人工関節置換術
      ・培養軟骨移植手術手術

 

  ・装具療法

      →装具外来

      ・足底板療法

      ・膝関節装具(ブレース)

スポンサードリンク