膝の痛み 治し方

不安定な膝をベルトで安定化

スポンサードリンク

カテゴリー

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


O脚

 
 O脚は、膝の内側に体重(負担)がかかりやすい。
 
 そのため、内側の関節軟骨がすり減りやすいんです。
 
 
O脚になる理由は?
 

歩きかたの癖が積もり積もってO脚になります。
 私たちのセンターの患者さんの9割を占めるのが、O脚の方です。両膝の内側の関節軟骨がすり減り、骨どうしが当たって痛みを発症します。発症までの期間を左右する、骨の強さなどは遺伝的要因が強いと考えられますが、歩きかたを自分で認識しないまま癖になってしまい、悪い体の使いかたを続けてきたことがいちばん大きな原因です。どんな歩きかたが悪いのかを学習し、自分の歩きかたを変えることで大きな変化が起きます。
 まず、典型的な”悪い歩きかた”をお話しします。体の器官のなかで頭は重いものです。頭のなかには脳が入っていますが、これは固い頭蓋骨という骨で囲まれて、なかに脳脊髄液が入っています。いわば、固い壷のなかに水をいっぱい入れて脳が浮かんでいるわけです。相当重たい部品であることがわかりますね。私は、初診で歩きかたのチェックをするときに、この頭の動きを最初に診ます。悪い歩きかたをしている人は、まず頭が先に出ます。重たい頭が体からはみ出して、先に前に行くことで歩くのです。私はこれを”ニワトリ歩き”と呼んで、注意を促しています。この歩きかたをやめるだけで、とても大きな変化が起きます。ニワトリは、大きな体に小さな足で走り回ります。彼らは重心を前に移すために、まず頭を前に振って歩きます。次いで、足はつま先から接地します。この2つの癖は人間にとっては大変体に悪い歩きかたです。決して真似をしてはいけません。
 歩き出しのときに、頭が体より前に出ると、首の後ろの筋肉が重労働をさせられ、肩甲骨周囲の筋肉も同様に働きます。水を抱えた壷(頭)を体の前に出すことで、首の後ろの筋肉と肩甲骨周囲の筋が無理な働きをすると、強烈な肩こりが生じます。重い頭を体の真上に乗せておけば、これらの筋肉が過当に仕事をすることはありません。
 頭が先に出るニワトリ歩きは、肩こりだけではすみません。次に上肢のバランスが崩れるので、腰は反対側に曲がることでバランスをとります。前頁の図1のように、腰椎は後ろに変形(後弯)し、骨盤も後傾します。そうすると、股関節は骨盤に対して後ろ側へと延び(伸展)、太ももが外側を向く(外旋)ことになります。その結果、膝関節は少し曲がり(屈曲)O脚になって(内反)、下につながった足部もがに股のように足が外側を向く(回外)ようになります。頭のへんな癖は、腰椎後弯、骨盤後傾、股関節伸展・外旋膝関節屈曲・内反、足関節回外と運動の連鎖で足まで変化が影響してしまうのです。足は地面についていますので、体重の影響は真んなかの膝関節にもっとも大きく出てきます。また、人間の体はそのように歩くようにはつくられていないので、その妙な格好を維持するために、いままで使っていなかった筋肉が過当労働を強いられます。ふくらはぎが妙な緊張をもつのは、このためです。正しい歩きかたに戻すだけで、これらの異常はすべて治ります。
 興味深いことに、これらの運動連鎖の中心は骨盤、それも仙骨なのです(65頁参照)。仙骨の位置をもとどおりの位置に戻してやれば、一瞬でアンバランスな筋の緊張がゆるむことでわかります。頭が先に行ってしまって壊れたバランスも、中心を整えて、正しい動きかたを理解し実践することで、もとの体に戻る可能性がまだあります。(『膝、復活: 立つ、座る、歩く、人生の晩年は、膝で決まる』p53~p57)

 
大腿内転筋が弱いと、O脚気味になるんですよね。
 

 電車の座席で膝をきちんと揃えて座っている人を見ると、清々しい気持ちになります。内転筋が弱っていると膝は開いてしまいます。
 また、太ももの骨を骨盤に引きつけておくことができないと、O脚が進みます。O脚の人は外側の筋肉に比べて内側が弱い人が多いので、意識的に鍛えましょう。
 重心が内側に偏るX脚の人は、外側を鍛えて、内転筋をストレッチするといいですよ。(『メディカルエンジェルストレッチ  更年期』p33)

スポンサードリンク